エグゼクティブ求人で理想の仕事を探そう!

監督の仕事が多い

作業員

現場の知識と経験が必要

施工管理の求人には、いろいろな種類がありますが、仕事の内容として共通しているのは現場の監督です。さまざま工事の現場の進行を監督する仕事をします。現場監督の仕事と似ていますが、異なっている面もあります。工事に関する予算を作ったり、顧客との打ち合わせなどを担当する仕事は、施工管理の担当者だけが行います。この種の求人に応募する時は、現場の知識と経験が必要になります。この二つのことが、応募の際の必須の条件になっていることもあります。この仕事の経験がない場合でも、施工管理の求人に申し込めることがあります。その場合は、採用されて現場で働きながら、仕事を覚えていくことになります。人手不足が続いている建築業界の施工管理の求人だったら、未経験者の方でも応募できる場合があります。施工管理の求人は建物を作る仕事が多いですが、それ以外の仕事もあります。例えば、道路や橋などのインフラを作る仕事で、施工管理の求人が出されることもあります。このタイプの仕事でも、現場で工事の進み具合を監督したり、工事の依頼者との打ち合わせをしたりします。インフラの仕事は、地方でも一定の求人があります。この種の仕事だったら、経験や知識のある方が応募の際は有利になります。特殊な例としては、庭や造園の施工管理の求人があります。これらの仕事でも、工事の過程を監督することが主な仕事になります。植木や造園の知識を持っている方に向いている仕事です。