エグゼクティブ求人で理想の仕事を探そう!

運転手の仕事

タクシー

タクシーの場合

タクシー運転手になるためには、タクシー会社に就職する必要があります。また自動車運転免許があることはもちろん人を乗せて走るためには、第二種免許が必要です。このため第二種免許があればタクシー会社に就職してすぐにタクシー運転手として働くことができますが、第二種免許がない場合にはタクシー会社の支援制度などを利用して第二種免許の取得を目指すことになります。この場合には第二種免許に掛かる費用はタクシー運転手として働くようになると、その給与から返済することになり、このため一定期間、契約として働くことになります。タクシー運転手の仕事そのものは簡単で顧客の求めに応じて目的の場所まで運ぶだけです。近年はカーナビゲーションシステムの普及により、初心者でも大きく道を間違うといったことはなくなっていますし、また以前はタクシーといえばミッション車が中心でしたがCVT車ではオートマチックとなっており運転に必要なスキルも下がっています。一方でタクシー運転手の年収はというと、大きな幅があります。全国の平均年収は298万円とされますが、東京でのタクシー運転手の年収は400万円とされます。これはタクシー運転手の給与制度が歩合制であることが大きく影響しています。つまり利用者が多ければ多い地域では頑張れば頑張るほどに、それだけ得られる年収も比例して増えるということです。反対に過疎地においては利用者が限定されるのでタクシー運転手の年収は少なくなります。